柴田 厚也

船舶部 課長

自分が培ってきた経験や技術が

 

必要とされた時にやりがいを感じます。

Q1.なぜ作業船と携わる仕事で働こうと思ったのですか?

港湾に携わる仕事は、通常の常識ではありえない方法で船舶をコントロールしたり、高い技術力が要求されます。

実践の場でそういった操船技術が身に付けれる環境に魅力を感じたからです。

Q2.その時から仕事を続けてこれている大きな理由は何ですか?

やはり船舶関係の仕事が好きだからです。

私の実家は海運業を生業としていたので船がすごく身近な環境で育ちました。

船が好きな方なら、仕事なので厳しさも有りますが楽しく仕事が出来ると思います!!

Q3.どういった瞬間にやりがいを感じますか?

今まで自分が培ってきた経験や技術が、必要とされ、頼りにされた時にやりがいを感じます。

実際に船舶部という部署は船に乗って作業をするだけではなく契約内容の確認や作業船のスケジューリング等、業務は多岐に渡ります。

当然海の仕事に関する専門知識も問われますが、船員の機微を見てどんな事を考えているか、どうすれば気持ちよく仕事ができ、その結果成果を先方に認めて頂かなければならない仕事です。

それが上手く行った時はほっとしますし、それがやりがいなのかなと思います。​

学生の皆様へメッセージをお願い致します。

船舶と言われると特殊な免許を持っていなければならないとか、学校を出ていないとなれないと思われる方も多いと思いますが、弊社の保有船の中には意外とそのような資格を問わない船が沢山有ります。

​シンプルな興味でも熱意があることが一番だと思いますので皆様とご一緒に仕事が出来る日を楽しみにしております!!

Copyright (c) Ieshima construction.co, Ltd. All Rights Reserved.