家島建設株式会社

IESHIMA CONSTRUCTION

Floating dock

フローティングドック

フローティングドックは、ケーソンを安全・確実に製作・進水させるための作業船です。

巨大なケーソンを製作するためのスペースは、陸上に確保しにくい場合も多く、海に浮かぶ製作場としての役割を果たします。

さらに、完成したケーソンを海上に浮かべて設置場所まで曳航し、安全に進水させることができます。

弊社には10,000t以上の大きさを誇る宏洋12000、11000や7000tクラスのつくし、更にコンパクトなクラスのはるかⅤ(5000t)、はるかⅡ(3000t)等、国内屈指のラインナップで海上でのケーソン製作の分野において活躍しております。

宏洋12000

 

宏洋11000

 

つくし

(7000t)

はるかⅤ

(5000t)

はるかⅡ

​(3000t)

port-269420_1920.jpg