家島建設株式会社

IESHIMA CONSTRUCTION

河本 武志

工事部 工事長 

地域の人々に誇れる

何より自分に誇れる仕事

Q1.現在の担当工事の内容を教えて下さい。

現在担当している現場では、砂防堰堤を築造する工事を行っています。

​砂防堰堤とは、近年日本の各地で多発しているゲリラ豪雨等の大雨により山から流れ出た土石流を山中で堰き止め、その下流域に暮らす人々の生命や財産、建物等の施設を含む町全体を守るための土木建造物です。

 

Q2.工事現場での河本さんの業務内容を教えて下さい。

一般には現場監督と呼ばれる業種で、土木工事現場の施工管理業務全般を担当しています。

私自身は、作業所長として発注者やその他関係官庁等との各種打合せを行い、協力業者と打合せ、調整をして、実際に現場で働く作業員に指示を与えながら工事をスムーズかつ安全に進めるのが仕事です。

​その中には、施工計画の立案から資機材の準備、施工途中の測量業務、品質管理、写真管理や工程管理、原価管理等があり、業務内容は非常に多岐にわたります。

Q3.仕事でやりがいを感じる瞬間はどんな時ですか?

土木工事現場では、当初予期しなかった、また出来なかった様々な問題、トラブルに見舞われることが多々あります。

そのような難局に直面した際に、現場で働く仲間や会社の上司、先輩に相談しつつ、その局面に対する解決策、打開案を検討し、自ら創意工夫、試行錯誤しながら計画を実行に移す。

​その結果、難局を1つずつクリアし、無事に工事が完成した時には、やりがいを感じると同時に達成感と自らの成長を感じる事が出来ます。

学生の皆様へメッセージをお願い致します。

土木建造物には道路や橋、トンネル等の他、上下水道や公園といったものが有り、その全てが人々の生活に直結している、無くてはならないものです。

皆様が普段何気なく、いつ、だれが、どんな方法で造ったのかを考える事もなく、当たり前に使っているものを造るのが私達の仕事です。

でも、それは誰かが必要としているものを造る仕事でもあり、地域の人々に誇れる、何より自分に誇れる仕事だと思っています。

そんな仕事を、次代を担う若い皆様と一緒に出来る事を楽しみにしています。

 

Copyright (c) Ieshima construction.co, Ltd. All Rights Reserved.